ニキビ跡が出来てしまう原因と対策

ビューティー07思春期は男女共にニキビが出来やすい時期です。
特に、オイリー肌の方は毛穴が詰まりやすいので出来やすい傾向です。
ニキビが出来てしまった時には、気になって指で潰してしまいたくなる方が多いと思いますが、絶対に潰さないようにした方が良いです。
ニキビは傷と同じものですので、指で触ることによって菌が付いてしまいます。
治りにくくなってしまうので、あまり触らないように気を付けましょう
また、治っていないニキビを潰すことによって、肌の奥の細胞が傷ついてしまい、クレーターのような跡になってしまうこともあります。
クレーターが出来る原因は、大きな傷跡を肌細胞がすぐに修復しようとして、コラーゲンを増殖させます。
その時に、へこんだ部分のまま傷が治ろうとして、へこんだ肌になってしまうのです。
このような肌になってしまうと、化粧品ではなかなか治ることもなく、辛い思いをしてしまいます。
メイクをしようとしても、へこんだ部分は隠そうとしても目立ってしまい、後々自分が嫌な思いをしてしまいます。
今のところ、クレーターのような肌になってしまった場合には、美容外科クリニックでレーザー治療をして治す方法しかありませんが、保険外治療の為、高額な費用になってしまいます。

Comments are closed.